UPDATE LIST

2017/12/22
スポーツ選手を支える人にはオススメの資格ですを更新致しました。
2017/12/22
食べ物フード関係の資格を取る利点を更新致しました。
2017/12/22
食べ物系の資格で人気があるのは調理師を更新致しました。
2017/12/22
実はデザート専門の資格があります!を更新致しました。

デメリットが無い

え?こんなものまで?と思わず言ってしまうほど多種に及んでいるのがフード系の資格です。ここではちょっと変わった食べ物の資格について紹介しましょう。まずはチーズプロフェッショナル。種類や産地に取扱いの方法などに対して資格認定を行うものです。教本の内容が主でありますが、2次試験になりますとテイスティングや販売、サービス現場での実践的な事項が試験に組み込まれます。
次はカレーマイスターです。カレーの知識やそれを媒体としたコミュニケーション術についても学べるというものであり、ジュニア、カレーマイスターの試験ではカレーの歴史やスパイスサイエンスなどから出題されます。続いてはすしエンターテイナーです。寿司職人としての技術に対しての資格であり、知識の他に技能分野が出題の範囲です。最後は和食マイスターです。
世界的に健康分野の面でも注目されている和食を題材にした資格認定であり、日本の食文化の紹介や食事マナーが主な内容となっております。実際の試験では野菜のおかずや魚のおかずなど具体的かつ実践的な内容も含まれています。このようにフード関係の資格は驚くほど数多く存在しており、どれも興味深い内容で学ぶこと自体が楽しいと思えるジャンルも多いというのが特徴です。学ぶことにマイナスは無いでしょうから、ちょっと変わった食べ物の資格を取得してみるのも良いでしょう。

食べ物のルール

近年、食品業界では様々な資格が話題となっています。スポーツ選手の奥さんが良く取得しているアスリートフードマイスター、野菜ソムリエなど話題となっています。そんな中で、社会人の食品業界で話題となっているのが「惣菜管理士」という資格です。これが有名になっている理由としては、少子高齢化によりスーパーでの惣菜やお弁当商品の売れ行きに注目する傾向になっています。
食べ物の消費傾向に変化が生まれている事が理由です。この資格は3級~1級と難易度が上がっていきます。また資格取得までにセミナー受講と年1回の試験に合格すると、資格取得になります。おもに学ぶ内容としては、食品の基本的な知識に加えて製造過程の注意点、また問題となっているO157やBSEなど食品衛生問題や消費期限商品の出荷など、食べ物を作るところからお店に並ぶ所までの注意点やルールを学ぶ事が出来ます。
資格を取得するまでの難しさは、そこまで難易度が高いわけではありません。月1回の○×問題、20問を解答して、送る事を6回します。それに加えて1回セミナー受講をして、最終試験の受講資格を得ます。聞きなれない言葉が多いため、3級を受ける時にも難しく感じてしまいますが、慣れると簡単に感じます。また、試験前には例題集も届くのでそれをもとに勉強すれば、重要なポイントを抑える事が出来ます。

手軽に役立つ資格がスキマ時間で取得できるのが特徴です。 試験日程も待たず、webテストで都合のいいときに受験可能です!不合格でも再試験1500円で可能です! 約3?4万円ですぐに役立つ資格が取れる!年会費不要だから一度取ればずっと使える資格です。 自宅でパソコンで勉強したり、印刷して確認も可能です。 ファスティングや食育など食・健康系をはじめ、チャイルドコーチングなど心理系資格も大人気です! フードまいすたーなどの資格を取得したい場合はこちら

PICK UP CONTENTS

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加